交通事故後に適正な慰謝料を得るための首の痛みの対処法

交通事故の被害にあった後、むちうちの症状に悩まされる人は多いです。今回はむちうちの症状に悩まされたら、どのように治療を進めていけばいいかを紹介します。さらに後遺症があった場合に、適切な賠償を受け取るためのポイントも解説していくので参考にしてくださいね。

対処の仕方によって受け取れる慰謝料は変わってくるので、しっかり行動しましょう。

まずは病院で診断を受けよう

交通事故でむちうちになって首が痛くなった場合、まずは病院で治療を受けましょう。カイロプラクティックや整骨院といった治療院ではなく、整形外科を選んで医学的に現在の症状を診断してもらうことが大事です。しばらく通院を続けても症状がなかなか改善しない場合は、麻酔を打つことで痛みを和らげるブロック注射などを行うこともあります。

途中で通院を止めずにしっかり医療を続ける

事故後の痛みがなくなってきたからといって、自分の判断だけで通院を止めるのは避けましょう。リハビリを続けながら、一進一退の状態を繰り返す症状固定だと判断されるまで通院することが大切です。むちうちは入院になったケースでは一ヶ月くらいで退院できることが多いですが、通院は症状固定だと診断されるまで数ヶ月かかることが多くなっています。

仕事が忙しいからといってこの期間の通院回数が少なければ、交通事故後に痛みがまだ残っていたとしても後遺障害認定を受けられないことがあるので、注意しましょう。そのため、自分の状態にあった適切な慰謝料をもらうためにも通院をしっかり続けることが重要です。

治療費を打ち切りたいと伝えられたら

むちうちで通院している間の治療費は通常、加害者側の保険会社が支払うことになります。しかし、交通事故からしばらく経つと治療費を打ち切りたいと伝えられることがあるんです。この場合、医師から症状固定だと判断されて自分もこれ以上治療は必要ないと思ったら、加害者側の加入している保険会社の申し出に応じます。

その後、後遺障害についての交渉を継続します。もし、まだ治療が必要だと感じているならば、保険会社から支払いを停止したいといわれてもすぐに申し出に応じることは避けましょう。まだ医師が症状固定だと判断していないのに治療をストップしてしまうと、痛みの症状があったとしても後遺障害認定がおりないことがあります。

治療費打ち切りを伝えられたならば、まずは自分の判断だけで決めずに弁護士や医師に相談するとよいですよ。

薬代は交通事故の補償や保険の対象になるのか

自分で判断せずに診断してもらってから具体的な治療を始める

むちうちは診断書には、外傷性頚部症候群と記載されることが多くなっています。症状によって細かくタイプが分類されており、一番多いのが頸椎捻挫型です。そして、むちうちが重度だった場合は椎間板ヘルニアを発症することもあります。

自分で症状を判断して対処するのではなく、まずは整形外科で診断を受けて、その後医師からの指示やアドバイスに沿って治療を続けることが症状改善の近道です。

後遺障害診断とはなにか

通院を長期間続けてもしびれや痛みといった症状が残っているならば、保険会社から慰謝料などの賠償金を得るために後遺障害の認定を受けましょう。後遺障害とは、治療を長い間続けても残ってしまった症状を1~14級に分類しているものです。

後遺障害だと認定されるとその等級によって保険金が支払われることになり、むちうちの場合は12級か14級の等級になることが多いです。レントゲン撮影などによってむちうちの症状が医学的に証明できて、局部に神経症状がのこっている場合は12級になります。

また、医学的にむちうちだということが証明できない場合でも、症状が現在も続いていることを治療の経過などで説明できた場合は14級です。後遺障害認定を受けて適切な慰謝料を受け取るためには、事故後の早い段階でMRI検査を受けておきましょう。

そして、医師に自分の症状を伝える場合は嘘のないように説明して、痛みなどの症状が続いている限りは通院を続けることも大事ですよ。

等級によって保険金は異なる

後遺障害の認定をされた後に受け取れる保険金は、等級によって金額が異なります。

12級の場合の限度額は224万円で、14級は75万円と決まっているのが特徴です。より多くの慰謝料を望む場合は、裁判所基準で交渉する方法があります。交渉を個人で行うのは難しいので、弁護士に相談して保険会社と交渉を続けていきましょう。

弁護士費用については加入している保険の内容に弁護士費用特約があれば、保険から弁護士の費用が支払われることになります。弁護士費用特約が付いていない保険に加入していたとしても後遺障害等級認定されていれば、トータルで受け取れる金額は弁護士を頼まないで受け取る金額より多くなることが通常です。

認定請求の方法について

後遺障害等級認定の申請を行いたい場合は、まず症状固定後に医師から診断書を作成してもらいましょう。診断書ができた後は認定請求をしますが、方法は2つあります。まず加害者の入っている任意保険会社に、手続きを依頼する事前認定です。

診断書を認定保険会社に提出すれば、その後の手続きは保険会社が担当します。もう1つは、被害者が加害者の自賠責保険会社に自ら認定請求を行う方法です。自賠責保険会社から認定請求を行うために書類を取り寄せて記入し、必要な書類を集めて提出をします。

調査は第三者機関の損害保険料率算定機構が担当して、等級を認定し通知書で結果が送られてきます。なるべく透明性の確保されている方法で請求を行いたいならば、手間は増えますが被害者請求を選びましょう。どちらの方法も結果に納得できない場合は、異議を申し立てることが可能です。

異議申し立ての結果が出た後も不服があれば審査を自賠責紛争処理機構にお願いしたり、裁判で認定可能であるか判断してもらう方法も存在します。

困ったら交通事故に関する実績が豊富な弁護士に相談

弁護士に交通事故後のむちうちに関する相談すれば、時間や手間のかかる保険会社との交渉をお願いできるので、リハビリや治療に専念することができますよ。また、適正な慰謝料が受け取れるように交渉してくれるのも魅力です。

交通事故についての実務は複雑で専門的な知識も必要になるので、弁護士を探す場合は交通事故についての実績が豊富な弁護士をみつけましょう。慰謝料に納得できないという方や、治療をまだ続けたいのに治療費を保険会社から打ち切られそうだという方は早めに弁護士に相談することをおすすめします。

詳細《アディーレ法律事務所 > 交通事故専門の弁護士